ラングリッサーシリーズはプレーヤーを熱くさせる

久しぶりに追伸2「旧作柔らか」をレジャーしています。決戦ニックネームは追伸2バージョン
「ラングリッサーIII」だ。追伸2バージョンラングリッサーIIIはセガサターンバージョン
「ラングリッサーIII」の「改造」だ。

決戦の主旨は意外と、インターミッションで魅力の道具、防具の道具
装身具の道具でアミュレット位を装備します。これで道具はおわりだ。
次に傭兵を雇って戦闘が開始されます。

戦闘では歩兵は槍兵に深く、槍兵は騎兵に著しく、騎兵は歩兵に激しい
飛兵は弓兵に情けない。魔導士はLVが上がると得る魔法が強力になっていきます。
魔法が強力になると魔法防御が乏しい集まりは大被害を受けます。

これらを意識して戦闘が行われます。

次に常に、ルールを取得すると「ステップトライ」ができます。
又、隠しステップがあります。隠しステップになるには、隠しステップ物が
ないと隠しステップになれません。

隠しステップ物は戦闘マップ上に隠されたり、敵手が隠し物を
落とす時に入手できます。

トップクラスステップになると戦闘スキル、防御スキル、魔法スキルが、魔法防御が大幅に上昇行う。

次のいく所は「AI」が行います。これらの流れで「しめ章」まで行きます。

「対談」の品評は、戦闘発進予行・これから行われます。http://www.e-rda.net/

ラングリッサーシリーズはプレーヤーを熱くさせる